図書館

ご依頼からの流れ

通常の事件の場合下記⑴の流れになります。

家事事件の場合、下記⑵のように調停や審判を介することになります。
具体的な事件処理は本ページ下部の解決事例をご覧下さい。

⑴損害賠償請求を例とした場合のご依頼からの一般的な流れ

相談

①法律相談
お問合せフォーム(メール)か電話で法律相談をご予約いただけます。
裁判などで外出が多いため、なるべくお問合せフォーム(メール)でのご予約をお願いしております。
委任契約書を作成し、着手金をご入金いただいてから事件に着手します。

交渉

②交渉
相談によって決定した方針に基づいて、相手方と交渉します。
依頼者様との打ち合せは基本的にはメールで行いますが、重要な意思決定の場面ではご来所いただきます。

法廷

③訴訟
交渉が決裂した場合は訴訟となります。
法廷には弁護士だけで行きますが、事案によっては依頼者様の証人尋問が必要な場合もあります。
裁判の期日ごとに報告書を出しますが、訴訟の方針は適宜協議します。

判決

④判決
判決が出された場合、控訴するかの判断をします。
判決が確定した場合、相手方に対して任意の履行を促します。

オフィス

⑤強制執行
判決によっても相手が任意に支払わない場合、別事件として強制執行の申立をします。
回収した金銭を精算して、事件終了となります。

⑵離婚請求を例とした場合のご依頼からの一般的な流れ

相談

①法律相談
お問合せフォーム(メール)か電話で法律相談をご予約いただけます。
裁判などで外出が多いため、なるべくお問合せフォーム(メール)でのご予約をお願いしております。
委任契約書を作成し、着手金をご入金いただいてから事件に着手します。

交渉

②交渉
相談によって決定した方針に基づいて、相手方と交渉します。
依頼者様との打ち合せは基本的にはメールで行いますが、重要な意思決定の場面ではご来所いただきます。

調停

③調停
交渉を飛ばしていきなり調停を申立てるケースも多いです。
離婚請求では裁判の前に調停の申立が必ず必要です。
調停には原則として依頼者様の出席が必要ですので私と一緒に裁判所に行きます。
方針は適宜協議します。

法廷

④訴訟
調停が不成立の場合、対応を協議の上、裁判で勝つ見込みがあれば訴訟提起します。
離婚訴訟の場合、当事者の尋問が必ず行われます。
附帯請求として、財産分与や慰謝料請求を同時に行うこともあります。

オフィス

⑤事後処理
離婚認容の判決が出た場合、役所に届け出て離婚が成立します。
金銭請求を行った場合、必要があれば強制執行を行います。
最後に費用の精算をして終了です。

解決事例のご紹介

解決した事案の一例をご紹介します。
※守秘義務のため事案を匿名化し、細部を変更しています。
弁護士ドットコムにも多数の解決例を掲載しております。

①離婚その1~相談内容~

いわゆる経済的DV案件で、結婚以来生活費が一切払われないため離婚したい、できれば慰謝料も請求したいとのご相談でした。

ご依頼後

結局、離婚訴訟を提起することになりましたが、無事離婚が認められ、慰謝料も請求金額の満額である300万円が認められました。

コメント

離婚類型の内、悪意の遺棄については、慰謝料の相場は100万円前後と言われています。
本件では緻密な立証活動が功を奏し、離婚の認容及び300万円の賠償を勝ち取ることができました。

②刑事事件その1~相談内容~

器物損壊における被疑者段階の刑事弁護のご依頼でした。
一流の会社にお勤めであり、何とか不起訴にして欲しいとのことでした。

ご依頼後

被害者の処罰感情が強く、示談交渉が大変難航しました。
担当検察官に面接して協力を要請し、被害者と数度の面談の末、何とか示談が成立し不起訴処分となりました。
示談金も一般的水準未満に抑えることができました。

コメント

刑事事件で被害者の方がお怒りになるのはもっともなことです。刑事弁護人としては限られた予算と時間の中でなるべく早く示談交渉を成立させる必要があります。
今回は、八方手を尽くしてもどうしようも無いということを正直に検察官に申出て協力を仰いだところ、弁護人がそこまで動いているのであれば協力しますということで上手くいきました。
刑事弁護では諦めない粘り強い交渉とフットワークの軽さが重要だと感じています。

③債権回収その1~相談内容~

1,000万円近い貸金について、借主が何を言っても返してくれないため取立てて欲しいとのご依頼でした。

ご依頼後

主債務者には見るべき財産は無く、自営業者であるため給与の差押えはできませんでした。
そこで、訴訟提起をし、連帯保証人ともども法廷に出廷するように促しました。
結局、連帯保証人は出廷しませんでしたが、交渉の中で連帯保証人の職場を申告させ、分割の条件についても元々の借用書に比べて依頼者にかなり有利な条件での和解を成立させることに成功しました。

コメント

貸金の返還請求訴訟について、担保も無く、借主に十分な資力も無い場合、回収困難なことも多いです。
本件については、債務者の嫌がるポイントを踏まえた上で、かなり密に連絡を取り合うことで、当初支払を明確に拒んでいたにもかかわらず、回収に成功しています。

④不貞の慰謝料請求その1~相談内容~

ダブル不貞の慰謝料請求の訴状が届いたので対応して欲しいとのご依頼でした。

ご依頼後

全て認めて早急に示談して欲しいとのことでしたが、訴状によれば相手がどの程度の証拠を持っているか不明でしたので前訴の裁判資料を取り寄せました。
結果として、不貞行為を争うのは難しいとの判断に至ったので迅速に和解を成立させました。
依頼者の要望でスピード解決を重視しましたが当初の請求額の3分の1以下での和解となりご満足いただけました。

コメント

不貞の慰謝料請求を受けた場合、相手がどのような証拠を持っているかが非常に重要です。
本件では別訴の訴訟資料を取り寄せるという方法が功を奏しました。

⑤自己破産その1~相談内容~

キャッシングからの株式投資による借金地獄で自己破産したいが免責不許可事由に当たるのでは無いかというご相談でした。

ご依頼後

免責調査型で自己破産を申立てました。
管財人から財産隠しを疑われ、厳しい追及を受けましたがその全てに対応しきることにより依頼者の財産の減少を防ぎました。

コメント

自己破産において大変なのは管財人への対応です。管財人は容赦なく訴訟等行い財産を回収していくため迅速かつ誠実な対応をとることが重要です。
特に免責調査型の自己破産では弁護士への依頼が不可欠だと思います。

⑥不動産その1~相談内容~

不動産の境界について訴訟提起されたというご相談でした。

ご依頼後

境界がどこか、という点については過去の図面や写真、当事者間のやりとりなど様々な事情を主張立証していく必要があります。
また、付属する問題として境界付近に設置した塀による取得時効の成否も問題になります。本件は相手が図面に合致する測量資料を揃え、難しい状況でしたが取得時効の主張を楔として和解に成功しました。

コメント

一見すると争う余地が無いような事案であっても諦めずに訴訟活動を行うことの重要性を再認識した事案でした。