図書館

ご依頼からの流れ

通常の事件の場合下記⑴の流れになります。

家事事件の場合、下記⑵のように調停や審判を介することになります。

⑴損害賠償請求を例とした場合のご依頼からの流れ

相談

①法律相談
お問合せフォーム(メール)か電話で法律相談をご予約いただけます。
裁判などで外出が多いため、なるべくお問合せフォーム(メール)でのご予約をお願いしております。
委任契約書を作成し、着手金をご入金いただいてから事件に着手します。

交渉

②交渉
相談によって決定した方針に基づいて、相手方と交渉します。
依頼者様との打ち合せは基本的にはメールで行いますが、重要な意思決定の場面ではご来所いただきます。

法廷

③訴訟
交渉が決裂した場合は訴訟となります。
法廷には弁護士だけで行きますが、事案によっては依頼者様の証人尋問が必要な場合もあります。
裁判の期日ごとに報告書を出しますが、訴訟の方針は適宜協議します。

判決

④判決
判決が出された場合、控訴するかの判断をします。
判決が確定した場合、相手方に対して任意の履行を促します。

オフィス

⑤強制執行
判決によっても相手が任意に支払わない場合、別事件として強制執行の申立をします。
回収した金銭を精算して、事件終了となります。

⑵離婚請求を例とした場合のご依頼からの流れ

相談

①法律相談
お問合せフォーム(メール)か電話で法律相談をご予約いただけます。
裁判などで外出が多いため、なるべくお問合せフォーム(メール)でのご予約をお願いしております。
委任契約書を作成し、着手金をご入金いただいてから事件に着手します。

交渉

②交渉
相談によって決定した方針に基づいて、相手方と交渉します。
依頼者様との打ち合せは基本的にはメールで行いますが、重要な意思決定の場面ではご来所いただきます。

調停

③調停
交渉を飛ばしていきなり調停を申立てるケースも多いです。
離婚請求では裁判の前に調停の申立が必ず必要です。
調停には原則として依頼者様の出席が必要ですので私と一緒に裁判所に行きます。
方針は適宜協議します。

法廷

④訴訟
調停が不成立の場合、対応を協議の上、裁判で勝つ見込みがあれば訴訟提起します。
離婚訴訟の場合、当事者の尋問が必ず行われます。
附帯請求として、財産分与や慰謝料請求を同時に行うこともあります。

オフィス

⑤事後処理
離婚認容の判決が出た場合、役所に届け出て離婚が成立します。
金銭請求を行った場合、必要があれば強制執行を行います。
最後に費用の精算をして終了です。